ロンドン観光 中心地から歩いて行けるロンドンブリッジ周辺の見所

スポンサーリンク

オックスフォード・ストリートを南へ。

この通りは現地の人も多いし、本当に賑わっている。

オックスフォード・ストリート

ケンタッキーの前ではこんな人たち?も。

パフォーマーたちも多くて、通行人たちを楽しませてくれる。

北米・南米もそうだったけれど、本当にパフォーマーがいたるところにいる。

スポンサーリンク

ロンドンのタクシー。

かっこよすぎる!

街の雰囲気にピッタリである。

俺が写真を撮っていると、ドライバーの運ちゃんも本当に誇らしげだ。

オックスフォードストリートから少しそれたあたり。

コベントガーデンというエリアで、マーケットを見つけた。

コヴェント・ガーデン

正直ロンドンという街で、こんなマーケットがあるのは予想外だった!

でも、やっぱり世界中どこであってもこういう雰囲気は楽しい♪

ハンバーガーを売ってたりとか、

手作りパンなんかも。

建物の中では、超巨大パエリアを作っており、列ができていた。

ロンドンのスイーツってどうなんだろう?

見た目は美味しそう!?

 

その裏は教会になっていた。

中でお祈りしている人はいなかったけれど、表は市民の憩いの場として住民に親しまれていた。

ここでみんなおしゃべりをしたり、本を読んだり、昼寝をしたり。

街の中に憩いの場があり、休む場所がある。

さて、今日のメイン、ロンドンブリッジへ向かう。

テムズ河に沿ってひたすら東へ東へ。

ビッグ・ベンのところから言うと橋4つ分ほどは東へ。

とてもロンドンとは思えないほど超快晴♪

橋の横にはおしゃれなオイスターバーが。

日本の激安居酒屋でくつろいでるおっさんサラリーマンには見習ってほしい。

こっちのおっちゃんらはこんなにオサレだよ?

会社もけっこうバラバラっぽくて、異業種交流会みたいになってた。

夕方にはチャッと切り替えて、アフターファイブも楽しむ姿勢はさすがです。

【ジ オイスター シェッド】
住所:1 Angel Ln, London EC4R 3AB イギリス
営業時間:11:00-23:00
公式HP:https://www.oystershed.co.uk/

ロンドン橋手前には、タワー・オブ・ロンドンがある。

ってかなんじゃこりゃ?

なにでできているかわからん。

なんか針金を編んだ。。。みたいな?

 

タワー・オブ・ロンドンは思ったよりも地味だった。

それでもけっこうな観光客の姿が。

スポンサーリンク

タワーブリッジ(ロンドン橋)

 

そしてロンドン橋に到着。

アレ。。。

ロンドン橋ってでかいやんヽ(;´Д`)ノ

ロンドン橋落ちた~♪落ちた~♪落ちた~♪

って落ちねーよ!www

こんなにでかいのが落ちたら大変である。

帰りもひたすらテムズ河沿いに戻る。

仕事を終えた皆さんはめかしこんで船上パーティへ。

オッサレー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

テムズ河にはたくさん船が浮かんでて、どこも仕事終わりのサラリーマンがたくさん。

こっちの人たちは仕事とプライベートの切替がしっかりしてるなぁ。

そして街にかけられているユニオンフラッグ。

英国人の誇りを感じる。

夕日に漂うユニオンフラッグがまぶしく感じる。

アルゼンチンでも感じた自国の国旗を掲揚するカッコ良さ。

(参考:アルゼンチン観光 コレクティーボで訪問する『フェリア・デ・レコレタ』

日の丸の国旗にここまでのプライドがない日本人としての自分。

働いている人々。

街並み。

国旗へのプライド。

少しだけ日本を憂う1日だった。