世界一周に踏み切るに至った最大要因 最愛との別れ

スポンサーリンク

仕事を辞めると上司に伝えないと、と思いながらなかなか伝えられず、日々が過ぎていた。

実はこの時期、14年間飼ってきた愛犬DOC(ドック)の体調がおかしかった。

DOCは私が中学生時代公園にいた時、目の前でシェパード3匹連れたおっさんに捨てられた捨て犬だ。

ひょこひょこ歩きのこの犬は、私と親友の前から離れなかった。

シェパードを連れたおっさんが車で公園から離れた後も。

当時、マンションから一戸建てに引っ越していた私の家族は、犬を飼うには十分余裕があった。(と思ってた。)

そのままチャリンコの前カゴに入れられて、連れてこられたのがDOCだ。

毎日散歩に行っていた。

彼女とのデートすっぽかしてでも散歩に帰っていた。

そのDOCが9月末ごろから立てなくなっていた。

どうやらヘルニアのような症状らしく、下半身麻痺を起していた。

11月11日の夕方、母から電話があった。

『DOCが危ない。』と。

そして運よく、この日は仕事が早くに終わった。

当時一人暮らしをしていたところから、実家まで高速を泣きながらバイクで駆け抜けた。

帰って家に飛び込むと、父が『DOC!DOC!』と呼びかけていた。

近寄れず、洗面台に向かい手を洗いながら気持ちを整えた。

『DOC!』

俺がこう呼び掛けると、DOCはかすれた声で『ワオン!』と小さく鳴いた。

そのまま数分後に息を引き取った。。。

なんとか、看取ることができた。

でも、涙が止まらなかった。

鼻水が床に着くんじゃねーかってぐらい出てきた。

父は、『拾われて、看取ってもらえて、DOCも幸せやったやろ。』と言ってくれた。

全力で愛情を俺に向けてくれた愛犬は、無事天国に旅立った。

もう、散歩することも無くなった。

↓ クリックお願いします。