モロッコに来たら絶対行きたい!サハラ砂漠ツアー2日目後篇

スポンサーリンク

長く、長ぁ――――い車での旅も、もうあと少し。

窓から見える景色が荒廃していく。

緑が少しずつ減っていき、岩が砂になり、砂が黒くなっていく。

窓を見つめながら、思いふけっていた。

荒廃した大地は、ジリジリと暑かった。

そして、彼方に見えるサハラ砂漠。

少しずつ近づいてくる。

舗装された道路から外れると、道はガタガタ。

揺れる、揺れる!

ほぼ2日かけて、サハラ砂漠に到着。

サハラ砂漠の端にある建物で、茶をいただきながら荷物整理し、

砂漠に向かう準備をする。

荷物をまとめ、俺らを乗せるラクダたちとご対面。

砂嵐がひどいので、布っきれを巻く。

手に持つのは、ラクダのコブに敷く敷物。

直に乗るとけっこう痛いらしい。

これ、普通のラクダ。

これ、俺の乗るラクダ。

えー、コイツ、目ラリってません!?ヽ(;´Д`)ノ

俺が乗ろうとしたら、暴れる暴れるwww

順々に、皆がラクダに乗っていく。

皆が乗ったところで、

「いざ、キャメルライドにしゅっぱーつ!」

さばーくー♪

この影がまた幻想的♪

先頭を歩く彼。

ブラジルから4人で参加したグループのうちの1人なんやけど、

菜食主義者、ベジタリアンらしい。

菜食主義者って、こういうのもダメなんだね。

だんだん日も傾いてきた。

そして、およそ1時間のキャメルライドも終わり。

ラクダ君、ありがとー♪

宿といっても簡易なテントが立ててあって、皆そこに荷物を置く。

しばらくは砂と戯れることとなった。

ガイドがボロボロになったスノーボードを1枚持ってきた。

これでサンドボードをしろ!ということらしい。

ブラジル人のうち、1人が挑戦。→滑れない。

スノーボード経験者のイタリア♂がトライ→ちょっと滑って転倒。

そして俺の番がまわってきた。

同じツアーになった日本人から、「頂上まで行けー!」とハッパかけられるw

でも、上のほうに行くと砂が柔らかく、斜度も急で足が進まない。

空気が暑く、吸うとノドが痛い。

板を装着しよーとするも、バインディング壊れまくりだった。

右足は全く固定できず。

左足もつま先は固定できず。

それでも、滑り下りる自信があったアップ

上から下まで全抜き!

同じツアー客とガイドからアップ拍手喝采アップ

ガイドいわく、上から下まで滑り下りたやつを初めて見たらしい。

そう、実は俺スノーボードが大好きで、大学の時、冬の間は雪山に篭って滑ってたぐらいだった。

なので、多少バインが壊れていよーが滑るぐらいわけもない。

いやー、拍手喝さいが気持良かった音譜ヘ(゚∀゚*)ノ

こうして、サハラ砂漠の日が落ちていく。

夜は皆でテーブルに集まり、茶をいただく。

茶とともに、ガイドが打楽器を演奏してくれる。

ガイドが飯を作る間は打楽器をみんなでまわし打ち。

ブラジル人が打楽器を打ちだしたところで、カポエイラを始めだして大盛り上がり。

ここで食べたタジンも美味しかった。

夜、皆がテントで寝るところ、俺は砂丘の斜面で寝た。

毛布に包まって、大地に抱かれ、満点の星空を見ながら。

まるでプラネタリウムのような星空は、手が届きそうなほど近かった。

↓クリックお願いします。