沖縄No.1タコスはココだ!宜野湾市にあるタコス専門店『メキシコ』は必食のグルメ!

スポンサーリンク

メキシコで生まれ、アメリカ経由で入ってきた沖縄のタコス。

アメリカの食文化の影響を大きく受けている沖縄では、タコスを出すお店も多い。

そのタコスも個性的で各店がしのぎを削っている。

今回はそんな沖縄タコス界の中でも老舗かつ必食のタコスを紹介していきたい。

スポンサーリンク

タコス専門店『メキシコ』

宜野湾市にあるタコス専門店『メキシコ』1977年創業のお店。

タコス専門店と謳うだけあって、メニューはタコスのみという潔さ!

まさにタコスにかけるこだわりが感じられるお店だ。

絶品タコスを求めて、10:30開店にも関わらず11:00にはこの待ちができている状況。

昨夜宿泊したムーンオーシャン宜野湾 ホテル&レジデンスでの夜が盛り上がりすぎて、完全に出遅れた。

少し遅めのモーニング、絞り取られた(ナニを!?)エネルギー補給のブランチがてらにメキシコに来たというわけだ。

10:30オープンから18:00までなので、遅めのモーニングからランチにもドライブのお供にも利用しやすい時間帯。

ちなみに、この左手の階段の裏側が駐車場になっている。

宜野湾市はゆいレールのルートからも外れていて、車でないとなかなか来にくい場所でもある。

アメリカンビレッジや万座毛などの行き帰りに寄ると行きやすいかもしれない。

駐車場は割かし余裕がある台数分あるのだが、待ちができるのと車社会沖縄。

この待ちの人たちがいてるのと車内でパクついている人たちもいてるので、あまり空きが無いかもしれない。

余裕を持って訪問することをオススメする。

メキシコのタコスは店内でも頂けるが、コロナの影響も考えて今回はテイクアウトにした。

スポンサーリンク

『メキシコ』のタコスを持ってアラハビーチへ!

せっかくの沖縄、テイクアウトしたら海を見て食べたいところ。

詳しい場所は伏せるが、アラハビーチ南側にある安良波公園あたりに車を停めてブランチにすることにした。

タコス専門店『メキシコ』のタコス登場!

フレッシュな野菜がしっかり乗っていて、ソースは別で添えてくれているのでテイクアウトしてもべっちゃべちゃにならないのが嬉しい!

せっかくの絶品タコス、最高の景色をセットで楽しみたい。

ほどよい辛さとスパイシーなミートにフレッシュな野菜が抜群のハーモニー。

これを受け止めるトルティーヤはソフトタイプでサクッとしつつもむっちり。

トルティーヤの風味が抜群に良くて、この生地こそが旨さを引き上げている。

野菜とミートとソースの旨さをどっしりと受け止めてまとめ上げるトルティーヤの偉大さよ。

今回は4個セットにしたが女性1人でも4個はペロッといけてしまうほど。

1個食べたらすぐまた次が食べたくなる後を引くうまさだ。

今回は同伴のおねぇさんに昨夜頑張ってくれたお礼も込めて色々楽しんでもらおうとA&Wもテイクアウトしておいた。

A&W牧港店でカーリーフライとバーガーをテイクアウトして、飲み物はルートビアを準備。

そのまま58号線を北上してメキシコでタコスを購入。

アラハビーチに移動して広げれば最高のモーニングだ。

ただ、メキシコの絶品タコスの前ではA&Wのバーガーは普通すぎて物足りないかもしれない。

カーリーフライとかポテトはちょっとあるといいかも。

というより、メキシコのタコスが旨すぎるんだわ。

モーニングに、ランチに、ドライブのお供にぜひタコス専門店『メキシコ』の絶品タコスを味わってみてほしい。

【タコス専門店 メキシコ】
住所:〒901-2221 沖縄県宜野湾市伊佐3-1-3
営業時間:10:30-18:00(火・水曜定休)
HP:https://www.instagram.com/accounts/login/?next=/mexico_ginowan/