ヴェルサイユ宮殿の見所、ナポレオン、マリーアントワネット

スポンサーリンク

続き。

ヴェルサイユ宮殿まで電車で移動。

ヴェルサイユ宮殿

 

エントランスから中へ。

 

中では大行列。

よくわからないところに人が大行列。

たぶんツアーの待機場所?

スポンサーリンク

チケット売り場

そしてチケット売り場でも大行列。

でも、どうやらミュージアムパスを持ってたおかげで、この列には並ばなくで済んだ。

では、さっそく中へ。

 

このヴェルサイユ宮殿はルイ14世が建造したらしく、絢爛豪華な宮殿。

その後ルイ16世の王妃、かの有名なマリーアントワネットもここで時を過ごす。

アレですね、「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」的な。

 

王室礼拝堂

 

 

マルスの間

  

戦争の間

 

鏡の回廊

 

王の寝室

 

 

王妃の寝室

一歩間違えたらほぼラ〇ホ。。。

奥のとげとげはどんなプレイに使われたのでしょう。

 

 

 

戦闘の回廊

 

ドローンよりこれ欲すぃー(❤∀❤)

 

ここでようやく外へ。

スポンサーリンク

ヴェルサイユ庭園

 

庭園もすごい景観。

 

 

見所もたくさん。

ラトナの泉水

 

アポロンの泉水

ヴェルサイユ庭園

 

ここでさすがに暑くなってきてアイスをかじる。

2.9ユーロ。

緑が豊富。

 

鏡の間

 

皇后の寝室

ナポレオンの妻、ルイーズが寝室として使っていた。

 

 

ドメーヌ・ド・トリアノン

バラ色の大理石の柱がすごく綺麗。

 

道中、散歩してても気持ちいい。

 

その先にはプティ・トリアノン。

マリーアントワネットの離宮

 

ここにはマリーアントワネットの肖像画が飾られている。

 

 

お供の間

 

王妃の寝室

 

移動の合間には緑も動物も。

 

愛の神殿

 

そして王妃は絢爛豪華な王宮には戻らず、ここで過ごした。

人は豊かになると、自然に戻るんだろうか。

 

王妃の村里

 

王妃の村里にある王妃の家

 

贅の限りを尽くしたマリーアントワネット。

自然と過ごすことを望んだマリーアントワネット。

相反するように見える生き方が生んだ世界遺産でした。

 

こうして、ヴェルサイユ宮殿を後にする。

そろそろ、ノドの渇きを潤したい。

1日歩きまわり、夜もヴェルサイユで食べてからパリに戻ることに。

地元の人たちの多い店で、タルタルを頼んだ。

 

出てくるまではしばしビールで渇きを潤す。

 

ヴェルサイユの夜に乾杯。

 

これから、パリの夜へ。