世界一周を決意するまで 沖縄旅行と退職の決意

スポンサーリンク

眠い眼で沖縄の透き通るような海を見て、仕事を辞める決意をした。

入社して4年目。

3年間は文句を言わずに働こうと決めていた。

4年目になって、気付いた。

最近やっている仕事といえば、社内で上司が機嫌良くハンコを押してくれる資料を作ること。

おかしいだろと思っても、そこに口をはさめばややこしくなるだけ。

仕事を任される風潮もなく、ただ朝から夜中まで資料資料資料資料。

業務過多で仕事がパンクしていた。

沖縄に来た前日は翌朝4時半まで仕事をしていた。

このままでいいのかなと、複雑な気持ちで仕事を終わらせた。

その気持ちを抱えたまま眺めた沖縄の綺麗な海は、休めと言っているようだった。

昔から、沢木耕太郎著『深夜特急』が大好きだった。

 

小学生の時に両親からプレゼントされたものだった。

1980年代に、ユーラシア大陸を乗合バスで横断する彼の話は、幼心に響いた。

世界ってどうなっているんだろう。

世界って何があるんだろう。

その思いをさらに大きくしたのは、小学5年生で父とネパールに行った時だった。

全てが全く異色の世界。

日本にあるものがなかった。

腕のない子供が子供の私に物乞いをしてくる世界。

いつか、世界が見たかった。

 

↓ クリックお願いします。