スペインからモロッコへ|客引きと世界遺産ジャマ・エル・フナ広場

スポンサーリンク

今日からモロッコへ。

日本で、看護師をしている友達がモロッコ大好きで、

その友達からモロッコは情報を少しもらっていた。

彼女からモロッコはいいよ、と聞いていたので楽しみだ。

朝5時半、起きてバルセロナ空港へ。

昨日飛行場までのバス停を調べていたのでスムーズに行くことができた。

バスにて。

バスに乗ると5.25ユーロを支払わなければならない。

だが、乗り込んできた青年の中に、現金を持っていないヤツがいた。

ヤツは「クレジットカードを使いたい!」と言っていたが、

拒否されていた。

彼。。。時間までに飛行場にたどり着いたんだろうか?

現金カツカツで旅行すると、こういうこともあるのかと少し勉強。

飛行場に無事到着し、チェックイン。

ゲートD16からマラケシュへ。

あっつー。

入国審査後、外に出てまずATMで1000DH(ディルハム)を引き出す。

1DH=10円でわかりやすい。

タクシーの客引きを予想していたが、予想に反して全く客引きが無かった。

モロッコは、インド、エジプトと並び、客引きがうざい国BEST3とかっていうのを噂で聞いていたので少し拍子抜け。

バスで市内へ。

30DH。

バスの車内では日本人のおっちゃんに話しかけられ、ウユニ塩湖で犬に噛まれた話しをひたすら聞いてすごした。

そうこうしていると、ジャマ・エル・フナ広場へ。

この広場が世界遺産に指定されている。

するとここから、モロッコ人による激しい宿の客引き合戦。

「モロッコは初めてか?」

「宿は決まっているのか?」

「うちの宿は安いぞ!」

「サハラ砂漠ツアーは予約しているか?」

適当にあしらいながら、ダラダラ歩いていく。

と、場所も知らなかったし探していたわけでも無いのに、

冒頭の看護師の友達から聞いていた宿が見つかった。

『ミモザ・ホテル』

中に入ると、1泊○○○DH~と表示してあった。

割かしまだ安心か?と思い「部屋は空いてるか?」と聞くと、すぐに部屋を用意してくれた。

シャワーは付いてないが、個室で綺麗で快適。

屋上からの眺めもなかなかである。

チェックインの時、「日本の友達に紹介されてきたんだよ~」と言うと向こうも興味津々。

どうやらその友達は相当来ているらしくFacebookに彼女の写真があったので見せると

ホテルスタッフもすぐにわかったようだ。

おかげでホテル滞在が快適になった。

お腹が減っていたので、スタッフに「お昼食べに行きたいんだけどどこが美味しい?」と聞くと、1件の飯屋を案内された。

せっかくなので行ってみることに。

さっすが、元フランス領。

全然メニューがわからん。

スタッフとやり取りし、コーラと鳥のタジン鍋をオーダー。

前菜?

このタジン鍋。

やたらめったら美味しかった。

かかっているソースの香辛料が何使われているのか全然わからん。

アジアの香辛料の使い方とはまた違うようだ。

タジン鍋で鳥を煮込んだもの。

パン。豆スープでお腹いっぱい。

コーラも込みで52DH。

お腹が膨れたところで、スークをウロウロ。

なんかセックス・アンド・ザ・シティー2の買い物でこんな光景あったような。

と、プラプラしていると、ある男が絡んできた。

「あなたはめっちゃラッキーだ。」

「バーゲンが今日までなんだ。」

「バーゲンは見るのはフリーだ。」

「俺はガイドじゃないから大丈夫だ。」←

「ぜひ俺に着いてきて。」

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

 

と思いつつ、暇なのでついていく。

  



  

適当に喋っていると、話しが少しずつ変わってくる。

「バーゲンは少し遠い。」

「バーゲンはもういい物が残っていない。」

「タンネリへ行こう。」

俺、タンネリが何かわからない。

向こうに説明しろと言っても話してこない。

と、あるゲートの入り口で、急に立ち止まる。

中からおっちゃんが出てきて、説明を始めた。

「ここは皮製品を作っているところなんだ。」

「見ていくといい。」

さて、これは確実に何かしら取られるパターンだ。

そして、いきなりハーブを渡される。

遊びはココまで。

何より暑すぎて死にそうだ。

俺「ゴメンね、俺今カメラ持ってきてないんだ。」

「カメラなんかいいじゃないか!」

俺「せっかく入るなら写真撮りたいやん!!」

向こうはそれ以上は言ってこなかった。

じゃあねーとバイバイすると、ガイドの男は着いてきた。

「チップくれ。」

歩いてきただけやん、何にチップがいるの?

「ガイド料金だ。」

初っ端にガイドじゃないと宣言しましたよね?

「なんかくれ。」

何を?

「タバコくれ。」

俺も買いたいんだよ、クソ。

なんか残念な結果に。

まぁ、もうちょっと面白そうなものなら見ても良かったが、

皮製品作るとこ見てもな。

ってのでジャマ・エル・フナ広場まで戻ってくる。

疲れたのでオレンジジュースを飲む。

ジャマ・エル・フナ広場には日中たくさんのオレンジジュース屋台が出ている。

100%オレンジのジュースを提供してくれる。

どこの店がうまいのか?

と思うけど、おそらくどこも一緒。

俺は、この59番の店が気に入った。

この店の脇にあるベンチで「帰って仮眠しようかな~」と

考えていると、同じ店でジュースを買ったおばちゃんと話に。

おばちゃんは夫婦でイギリス・リバプールから来ていた。

「こないだまでロンドンにいたんですよー!」と言うと、

おばちゃんは嬉しそうに、ただ、ロンドンは騒々しいと。

で、サウサンプトンの自動車博物館まで007の車両展示に出かけた話をすると笑って聞いてくれた。

お互いに、『旅は、良い。』と話して別れた。

ホテルで仮眠し、起きると20時。

ジャマ・エル・フナ広場の夜市へ。

どこから出てきたんだか、と思うぐらい人がいる。

そこまで空腹では無かったので、牛の煮込みを出す店へ。

牛が煮込まれてトロトロ。

ちょっと脂肪がベタベタするけど。

ビールが欲しいなぁ、なんて思いながら、

明日のサハラ砂漠ツアーの予約に思いを巡らせた。

いつもご声援ありがとうございます。

モロッコはサハラ砂漠編へ。