スワンナプーム国際空港で楽しめる激安のタイ料理食堂『マジック・フードコート』

スポンサーリンク

よく海外旅行に行く。そんな話をしてた頃。

連れてってほしい!という女の子が出てきた。

彼女もよく海外に行くらしいが、旅先はもっぱらアメリカやヨーロッパ。

アジア旅をしたことが無いとのこと。

アジアは楽しそうだけれど、不安もあるらしい。

旅慣れたぴろすぃとだったら安心とのこと。別の意味で色々危険だろ、それ。

2-3度「ほんまに行くの!?」と聞いても行く!と。

可愛い女の子と2人旅、嫌がる理由もない。

スポンサーリンク

微笑みの国タイへ

悩んだあげく、アジアでは比較的行きやすいタイへ。

食に困っても色んな外食ができるし、物価も安いし初アジアには色々と好都合だ。

なにより場所によっては街の雰囲気にナニかあるかもしれない←

彼女は旅慣れていて、準備も早かった。

パスポートの写真を送ってもらって、2人分のチケットを取って、困らない程度のレベルのホテルだけ押さえておいた。

タイでの行き先にはすごく悩んだ。

プーケット島なら間違いないだろう。

でも、彼女は現地についてからまた飛行機は面倒くさいと。なら、かねてから再訪したいと思っていた世界一周の最後に訪問したサメット島にすることにした。

ここなら泳げるし、田舎の海だし、物価も安いし勝手知ったところだから。

そんな色んな思惑を持って微笑みの国タイへ。

ハイシーズンだったこともあり、CHINA AIRLINESでバンコク『スワンナプーム国際空港』へ。

CHINA AIRLINESや中国東方航空、中国南方航空などを以前から利用していた身としては中国の航空会社のレベルが格段に上がってきているのを感じる。

機内食もかつてはひどかったもんだが、レベルも上がってきていて彼女とタイに着いたら何しよっかー♬と楽しみながら機内を過ごした。

スワンナプーム国際空港の社員食堂『マジック・フードコート』

定刻通りにバンコク『スワンナプーム国際空港』に到着。

サメット島への中継地点、パタヤへはスワンナプーム国際空港からバスで一気に到着することができる。

ただ、この日は到着後のバスは満席、仕方がないので、タイ1食目を取ることにした。

スワンナプーム国際空港には街中の価格と変わらない激安の24時間営業タイ食堂が入っている。

タイ好きには有名な『マジック・フードコート』だ。

一気にアジアに来た感がアガる。

日本のフードコート同様店舗がズラッと10店舗ほどが並び、ぶっかけ飯やクイティアオといった麺類を提供してくれている。

だいたい30-60バーツ程度で、日本円にして100-250円ぐらい。

どこの国でも飛行場のレストランといえば1000-1500円して当然のところ、ぶっちぎりの激安価格でタイ料理を楽しむことができる。

それもそのはず『マジック・フードコート』は元々飛行場で働く従業員向けのレストランだったようで、言ったら空港職員の社員食堂というべき場所なのだ。

これぞぶっかけ飯。アジアといえばこれだよ、これ。

これを食べに帰ってきたんだ。

スポンサーリンク

スワンナプーム国際空港から欲望の街パタヤへ

スワンナプーム国際空港からパタヤへの2時間はあいにくの雨。

でもパタヤに着く頃には雨も止んでいた。

ソンテウと呼ばれる乗り合いバスでパタヤ市街へ。

女の子と同行旅はやたらと荷物が多い。

ひとまずホテルにチェックインをしに向かう。

ひとまずパタヤは1泊だし夜は寝るだけなのでベッドがあってお湯が出ればいい。

The Privi Suitesというホテルへ。ウォーキングストリートからも近いのに安くて使い勝手は良い。

欲望の街パタヤ

戻ってきたよ、パタヤ。

パタヤの街も世界一周以来だ。

彼女がお腹が空いたらしく、自分も早速ビールを頂きたい。

ウォーキングストリート近くの1件のお店へ。

日本でもちょっとモデルさんをしていたようで、まぁ可愛い。のんべえの自分に付き合ってくれるめちゃいい娘。

そんな彼女とタイでビールを乾杯する。

夜は長い。

タイに来たらまずは食べたくなる空心菜炒めと、ちょっとつまみにサテを。

適当に腹ごなしをしたらウォーキングストリートへ。

ネオン輝くパタヤ。欲望の街パタヤ。

世界中の男は人生で1度はパタヤを訪れるべきだと思う。人生観が狂うから。

ネオン街にキョロキョロしている彼女も可愛い。

彼女を連れてゴーゴーバーに行くわけにもいかないので、適当にパタヤ1メジャーなクラブ『insomnia』へ。

彼女と音楽を聴きながらのんびりクラブを楽しんでると、ずっと横にくっついている彼女。

「女の子がぴろすぃを見てる。」と。

そっか、パタヤはそういう街だった。隣に女連れかどうか、彼女はチェックされていたんだった。

女の子から目が離せない日本とは真逆である。

「気に入った娘がいたら行ってきていいですよ!」と言われる自分は完全に転がされているんだろうな。

ご出勤されるお姉さま方を傍目にホテルへ。

明日は再訪のサメット島へ。